blog

2008年12月

2008年12月の記事一覧です。

私のお気に入り♪

2008年12月28日

寒がり屋の私にはつらい季節になりました。

空気が乾燥してお肌にも、のどにもよくないので、
風邪予防のために保温と保湿には気をつかいます。

リビングや寝室では加湿器がフル回転でがんばってくれています。
保温は、先ずは足もとと、首や胸もとを冷さないようにしています。
就寝時にはのどを冷さないように、布を巻き巻きして寝ます。

じつはこの布、私のお気に入りで,『花ふきん』といいます。

えっ!ふきん?と思った方もいますよね。
でも、この花ふきん、大判(58cm角)薄手で使いやすく、
7色あるので使い分けにも便利です。

もともと奈良県の特産品であった蚊帳生地。生活様式の変化により、
需要の減ってきた蚊帳生地をなんとかものづくりに活かしたいという思いから、
開発を開始。試行錯誤の結果、蚊帳生地の特徴である
“平織り” を活かした、きれいで機能的な「花ふきん」として生まれ変わりました。

20081228-1.jpg

 

さくら・菜の花・若葉・あじさい・すみれ・百合・麻
花ふきんは、こんなかわいい名前で色分けされています

<用途もこんなにたくさん!>

 

20081228-2.jpg

 

 

<暑い時期に、子供の首に巻いてあげて汗取りにもいいですよ。>

先日は、花ふきんをつかってお菓子のスコーンをつくりました。

「ヨーグルトで作るスコーン」

ヨーグルトをふきんでこして分離したものを使います。
簡単でバリエーションも加えやすいのでおすすめです。

今回は、娘(4歳生意気盛り)が初挑戦!

5.jpg

<もみもみ、もみもみ…>

6.jpg

<こんな風になるまでもみもみします>

7.jpg

<こうやって、まあるく型をぬきます>

8.jpg

<おいしそうでしょ!本当においしいかどうか確認>

レシピはこちらから→http://www.nhk.or.jp/partner/ryouri/
『ヨーグルトでつくるスコーン』で検索

この後の片付けにも花ふきんはとっても活躍してくれました。
新しい使い方がみつかると、ついもう1枚ほしくなります。
みなさんも1枚いかがですか?

STYLISHスタッフ:齋藤

キリムのススメ

2008年12月20日

なんだか急に寒くなってきましたね。
街も人も、すっかり冬の装いに包まれ始めました。

そこで、我が家も小さな冬支度!
窓際にヒーターを置き、冬素材のルームシューズにブランケット。
ホットミルクで温まる時間。。。

milk.jpg

ハチミツ入りです♪



supin%20stool.jpg

キッチンで愛用
レシピ本読んでます!


そして、春夏の間は少し控え目だったキリムのクッションが今、
リビングの真ん中で、毎日温かく迎えてくれます。

〈ここで、キリムのお話。〉
『キリム』とは、一般に平織りの織物のこと。
トルコ産のキリムが有名。素材はウール。
もともとは遊牧民のテント内で敷物、間仕切り、
壁飾り、衣類や穀物を入れる袋など、
生活に欠かす事の出来ない大切な必需品でした。
そして同時に、生活に潤いを与える重要な装飾品でもあったのです。
羊の毛を刈り、糸にして染色し、そして来る日も来る日もタテ糸にヨコ糸を往復させ、
多くの労力と時間をかけて一つ一つ大切に織られたキリムは、
もっとも貴重な財産のひとつであり、花嫁の婚礼道具として持参されるほど。
キリムを伝えてきた遊牧民の宗教は主としてイスラム教で、
偶像崇拝を禁じています。
そのためキリムにはすべて幾何学文様が用いられ、
そこに織り手の女性たちの夢・願い・喜びなど、さまざまな思いが表現され、
そこもキリムの魅力のひとつ。

kirim%201.jpg

〈我が家のキリム〉

【左】この絶妙な色合いに一目惚れ。
   櫛:意味は、幸せな結婚を守る。
     いいひびき♪♪
   ますます気に入って初キリム購入。

【右】キリムらしい柄に迷わず購入!
   羊の角:繁栄を表してます。


いろんな意味があって、見れば見るほど奥が深い。
例えば『眼』は、邪視除けを表すとのことで、それを玄関マットとして使うのも良いかも!

kirim%202.jpg kirim%203.jpg kirim%20freme.jpg

店内キリム

いろんな場所、いろんなインテリアにも不思議としっくりとなじむキリム。
そんなキリムの魅力、まだまだ伝えきれませんが。。。
キリムは本当に出会い!!!
世界にたった一つだけのキリム、ぜひ皆様も探してみて下さい。
いつか出会えると思いますよ♪

お気に入りのインテリアと、温かい手料理、そして楽しいおしゃべり♪ほっとする時間。。。
やっぱり我が家が一番くつろげますね。

STYLISHスタッフ:田実

クリスマスツリーコーディネート

2008年12月13日

12月も半ばとなり、街中ではクリスマスツリーや
イルミネーションをよく目にするようになりました。

ツリーが置いてあると、お部屋の中もパッと華やいで気持ちも暖かくなります。

そこで!!!今回はクリスマスツリーの飾り付け方法についてお話します♪

使うものは、ツリー本体、電飾、リボン、オーナメントです。
場合によってボリュームを出すために、造花を使う時もあります。

使ったものはこれ!

 

20081213-1.jpg

 

と他に造花を何点か飾ってみました。

    飾り付ける順番は
  1. 正面の位置を決め、イルミネーション(電飾)、リボンを巻きつける
  2. 大き目の飾り(今回は造花や大き目のボール)を均等にバランスよくつける
  3. 小さめのオーナメントなどを自分がつけたいだけ!つける
20081213-2.jpg 20081213-3.jpg

≪ワンポイント≫

途中で離れたところから全体のバランスを見たり、
電飾を点灯させて雰囲気を見ながらつけると良いと思います♪

シルバー系統、ゴールド系統のオーナメントと色のトーンをまとめて飾るとより統一感がでて◎

リボン以外にビーズの飾りのガーランドを巻きつけたりしてもかわいいです^^

 

20081213-4.jpg

 

写真では赤とシルバーのポインセチア(造花)、
赤と金のボールでクリスマスっぽさをだしてみました!!!

店内には4本ほど雰囲気別のクリスマスツリーがございますので、
是非一度当店まで見にいらしてくださいね。


〜クリスマスツリーのトリビア〜

ツリーやツリーに飾る飾り(オーナメント)にも
それぞれ意味やお話が込められているそうです。

ちょっとだけ紹介

<クリスマスツリー>

冬でも葉っぱが落ちない常緑樹を使うことから、
『永遠の生命』を象徴(ヒイラギやゲッケイジュを使う所もあるみたいです!?

<オーナメント(飾り)>

ツリーの一番上に飾る星やボールは、希望!
ベルは、魔よけや神の祝福
杖の飾りは、助け合いの気持ち(杖でお互いを支えあう)
リボンは、永遠の絆
とそれぞれに意味や気持ちが込められているそうです。
とっても素敵だと思いませんか??

飾り付けをする時に意味も考えながら飾っていくとより楽しくなりますよ。

inhouseスタッフ:田邊

インテリアグリーン

2008年12月06日

スタイリッシュの1階に,10月にオープンしたばかりの
Мスタイルさんというお花屋さんがあります。

きれいなフラワーアレンジ、かわいいインテリアグリーンなどたくさんおいてあるので
私も毎日のように立ち寄ってしまいます。

IMG_3955-2.jpg

先日、ちいさいパキラに一目ぼれしてしまい、購入しました。

たまごみたいな鉢に入り、枝が斜めになっているのがとってもかわいいのです!

最近新しいちいさな葉っぱがいくつか生まれてきました♪

IMG_3935-2.jpg

たまごパキラは我が家のテレビボードの上に置いています。

もともとここは5年以上サンスベリアがいた場所。
ちょっとかわいそうですが
たくましいサンスベリアには玄関にお引越ししてもらいました。

もう1メートル以上に成長しています!

IMG_3944-2.jpg

新しいグリーンを部屋に入れると気分がリフレッシュされますね。
きれいな部屋にしたいという気持ちで掃除もはかどりました。

皆様もぜひお買い物の途中にでもお店をのぞいてみて下さい。

いやされますよ♪

    IMG_3948-2.jpg

〈最近STYLISHスタッフの間で人気NO1はこちらの癒し系ゴールドクレストです!〉

STYLISHスタッフ:村山

加湿器

2008年12月01日

±0加湿器(Humidifier Ver.3)の新色入荷しました。

この時期になると空気が乾燥してきますが、加湿器を使う事により、
肌や喉の乾燥を防いだり、風邪やインフルエンザの予防になるともいわれています。


02.jpg

先日STYLISH inhouseに今年の新色、グレーとレッドが入荷しました。(オレンジ・グリーン・ピンクは廃盤につき在庫限りになります。)


01.jpg

この±0の加湿器ならどんな部屋にも溶け込むデザインになっています。


03.jpg

この加湿器は付属のアロマポットにお好みのアロマオイルを入れる事により、
香りを楽しむ事もできます。


04.jpg

意外と知られていないかもしれませんがここに水が入ります。

艶やかで丸みのあるフォルムは水滴をモチーフにデザインされており、
加湿・アロマの機能だけではなくインテリアとして生活に彩りを与えてくれます。

この加湿器で、今年の冬を快適に過ごしてみませんか?

STYLISHスタッフ 川元