blog

2011年9月

2011年9月の記事一覧です。

アルフレックス FU(フー)ソファ

2011年09月28日

ここ南国鹿児島も、最近めっきり朝晩涼しくなり
だいぶ過ごしやすくなりました。
そう、焼酎のお湯割りがおいしい季節ですね!

それはさておき、今回ご紹介するのは...
ソファと言っても色々なデザインのものがありますが
このソファは一目見た瞬間
「かっこいい!」ではなく「可愛らしい!」と思えたデザインです。

20110928FU01.jpg


[名前もその丸い形状からイメージされたらしく、その名もFU(フー)]

 

このふくよかな丸いフォルムが特徴のソファは
イタリアのモダンファニチュアーの先駆者で
老舗のブランド、arflex(アルフレックス)の商品です。
座った感じは、その丸みをおびたイメージとは対照的に
少し弾力のある固めの座り心地。
ヘタリ感を感じさせない安定感のある座り心地は
さすがアルフレックスです!

20110928FU02.jpg

特にこちらの一人掛けはリビングシーンのみならず
寝室のベッドサイドや子供部屋でもお使いいただきやすいサイズ感です。
2台並べて置いてもかわいいですね。

ソファのカバー(生地)も沢山の中からお選びできて
しかもカバーリングタイプなのでご自分でも簡単に取替えができます。
こちらの写真のように生地の色を変えるだけで雰囲気がだいぶ違います。

20110928FU03.jpg

[グレーにすると丸みがあっても何かカッコいい感じ]

 

20110928FU04.jpg

[白にするとスツールはマシュマロみたいです]

最近、一人暮らしの女性に大変人気のあるFUソファ。
可愛らしい見た目とは違って、しっかりとした座り心地を
是非試されてみてはいかがでしょうか。

今なら展示品がお安くなっていて
大変お買い得ですよ!

徳持

キリム展開催します!

2011年09月21日

キリムファンの皆様、お待たせいたしました。
今年はキリム展をinhouseにて開催します!!

二年前の開催以降、次回はいつなの?
とのありがたいお声を頂いておりました。
今年は満を持して10月15日からスタートします。

常設のキリム以外にも、たくさんのキリムをご覧いただけます。
これからの季節にもぴったりのキリムが揃いますので、ぜひお越し下さいね。

先日東京のキリムズジャパンから、
たくさんのキリムをチョイスしてきました。
鹿児島でこれまでの数のキリムをご覧いただける機会は、
なかなかなありませんよ♪

20110921-01.jpg

キリムとは平織りの織物のことで、
主に当店ではトルコキリムを扱っています。
床に敷くだけではなく、壁に掛けたり、チェストに掛けたり、いろいろな使い方ができます。
天然の草木染の色合いが、品よくお部屋のアクセントになります。

キリムの流行の影響もあり、最近は色々なキリムを市場にも
見かけるようになりましたが、キリムズジャパンのキリムは
染色・ウール共に大変状態も良く、自信を持っておすすめします。

特に50年以上前のオールドキリムは、ぜひ一度手にとって、
色の美しさと柄に秘められた文化を感じて頂きたいです。

20110921-02.jpg


また、キリムはトルコの地域ごとで柄や色の傾向が様々です。
草木染のため、季節で採取される植物も気候で異なりますし、
目の前に広がる風景も様々ですから、表現したい柄も当然異なってきます。

自分好みの地域のものを見つけると、
選ぶ時にも楽しみが増えるかもしれませんね。

それでは、お客様と楽しくキリムについてお話できることを、
とても楽しみにしています。

詳細は後日HPでもお知らせ致しますので、お楽しみに!

宗像

店長のご自宅訪問 第3弾 (Yチェア編)

2011年09月14日

ずいぶん朝晩が過ごしやすくなってきましたが、
まだまだ日中は暑い日が続いていますね。

目の前の秋が待ち遠しい今日この頃です。

さてこのブログで定番となりつつありますが、
今回もお世話になったお客様のご自宅をご紹介したいと思います。

今回のご紹介するご自宅...
はっきり言ってカッコイイです。

なんといっても奥様のセンスが素晴らしい。
本当にインテリアにお詳しくて、自分の好きなスタイル(暮らし)や
家具をよ~く知っていらっしゃるなぁということが部屋を見ただけで伝わります。

というか私もテンション上がってしまいました。(笑)

さて前置きが長くなりましたが、
早速玄関を入るとカールハンセンCH53スツールのお迎えです。

20110914-01.jpg

実は玄関に置くスツールって結構重宝するんです。

ちょっと腰掛けて靴を履いたり、買い物帰りにちょっと荷物を置いたり
くわえて普通になりがちな玄関のインテリア的なアクセントにもなります。

リビングにはスタイリッシュでも人気のArflex(アルフレックス)Aソファが。
長い時間大事に使われてきた分、少し使い込んだ感じも
なんだか家族のくつろぐシーンが目に浮かんでくるようで微笑ましく感じますね。

20110914-02.jpg

サイドテーブルがわりに置いてあるアタ素材のラウンドボックスが、

チーク材の床に雰囲気もすごく合っていて素材のアクセントになっていました。

決め手はダイニングセット。
ブラックチェリーの無垢材をふんだんに使用したダイニングテーブルに、
同じくチェリー材のCH24(通称:Yチェア)をコーディネート。

20110914-03.jpg


レザークッションのブラックと、
写真奥のArflexコンポーザー(これまたw350と圧巻)のガラス部分の
ブラックが絶妙に空間を引き締めていました。
ポイントで色を合わせると空間に一体感が生まれるお手本コーディネートです。

北欧のペンダント照明(ライトイヤーズ)や、
空間に色を添える赤をアクセントにしたアート、
そしてそれを照らすデスクランプ(アルテミデ)等など。

その時々で少しずつ集めてこられたインテリアだそうですが、
計算されていたかのようにバッチリとコーディネート。

自分の暮らし方やインテリアの好みにしっかりとしたスタイルを持って、
少しずつ気に入ったものをじっくり揃えていく。

是非みなさんにご紹介したい、お手本のようなご自宅でした。

店長:溝上

リラックスできるリクライニングソファ

2011年09月07日

こんにちは!
以前のブログに一度後ろ姿で登場させて頂いた
フレッシュマンこと新入社員の金重です。

鹿児島に引っ越してきて約6ヶ月......
クーラー無しでは桜島のように汗が噴火しています。

そんな私ですが、今回はお気に入りのソファを紹介させて頂きます。
名前は「ヴェルノII ソファ」です!

20110907-01.jpg


見ただけで座りたい、気持ち良さそう、と思わせるデザインで
実際座ると本当に気持ちいいですよ!

座った時に思わず「あっ気持ちいい」と口にしてしまうこと間違いなしです。
更に、座り心地を快適にしてくれる機能があるのです。

20110907-02.jpg


普通に座って後ろにちょっと体重をかけて頂くと
写真の通りスムーズにリクライニング。

背の部分は角度を調整できるようになっているので
リクライニングしたままテレビもバッチリ見えます。

そんなリラックスの中、ゆっくりと映画鑑賞などいかがですか?
最高のひと時になること間違いなしです。

ファブリックも豊富なので、ぜひサンプル生地も手に取って見てみて下さい。

どの生地がいいのか分からない時は、ご相談下さい。
試しに座りに来店してみてはどうでしょう?

では、「ヴェルノII ソファ」と共に来店お待ちしております。

金重