インフォメーション

納品事例のご紹介

1月は行く、2月は逃げる、3月は去るとは良く言ったもので、
今年も3ヶ月が過ぎようとしています。

北九州・山口地方は17日に春いちばんが吹いたという事で、
鹿児島の春もすぐ目前ですね。

さて春と言えば模様替え気分を誘う季節のようで、
当店でもクッションや春らしい賑やかな色のタペストリーカーテン等が最近特に人気です。

今日は窓廻りの演出の参考になればと、
先日カーテンを納品させて頂いたお客様のご自宅をご紹介させていただきます。

20120321-1.jpg 20120321-2.jpg

2F吹き抜け部分の廊下に取付けたローマンシェードで(サザンクロスSD5000)
シルク調のシャンタン生地に素敵な刺繍が入った生地です。

写真の様に、カーテンは外光の当たり方で日中でも見える色の濃さが変わります。

リビング等で少し濃い色目のカーテンを選ぶと
暗くなってしまうかなと迷われる方も多いですが、
このように打込みのしっかりした生地で比較的薄手の生地をチョイスすれば、
昼は明るく夜は落ち着いた雰囲気の室内を楽しめますよ。

実際は日中の間、ドレープカーテンは開けて過ごすことも多いと思います。

20120321-3.jpg 20120321-4.jpg

こちらは別のお客様でカラーレースを取入れた組み合わせです。
色の濃い目のレースはなかなか組み合わせに悩むところですが、
タッセルの使い方でうまくバランスを取った参考になる一例です。

タッセルは種類も豊富で、
ちょっと窓廻りの雰囲気を変えるにはぴったりのアイテムです。

20120321-5.jpg

(写真の他にもいろいろな種類のタッセルがあります。)

まるでジュエリーのようなデザインのものも合ってビックリしますね。

この春、プチリフォームも含めて窓廻りを素敵に演出してみてはいかがでしょうか?

溝上