インフォメーション

窓廻り施工例 ~ブラインド編~

みなさまこんにちは。
前回は窓廻り施工例としてカーテンをご紹介しましたが(こちら→
今回は、ブラインドやプリーツスクリーン等
見慣れない方も多いと思われる、窓廻り商品をご紹介したいと思います。

よくお客様より、「窓には何を付ければ良いの?」とご質問を承けますが、大変難しい質問です。
大きく分類すると、カーテンかブラインド・スクリーン類の二つに分かれますが
ブラインド・スクリーン類だけでも現在たくさんの種類があり、選択肢がとても豊富だからです。
その中でも、「この窓にはやっぱりこれで良かった」と思わせる提案をご紹介致します。

まずはこちら!皆様、何かお分かりでしょうか?

20120720_02.jpg

ウッドブラインド(木製ブラインド)です。
木製なのに白色?と思われる方もいらっしゃると思いますが
白色からグリーン系の色まで、色々な種類の色を選択できるのも特長です。
色に関しては、塗り壁と同じようなアイボリーにする事で
壁の色と馴染ませるようにしました。
光沢のあるアルミのブラインドと違い、白色でもナチュラルな素材感が良く出ています。

20120720_03.jpg

こちらもウッドブラインドです。
窓枠内にバランスが収まりきれなくても
この通り、サイズオーダーで自由に製作が可能です。
バランス(カーテンBOX 調)が付くだけで、高級感も出ますね。

最後はこちら、プリーツスクリーンです。

20120720_04.jpg

こちらの窓は、何をご提案したら良いか悩みましたが
お部屋のテーマを「和モダン」に絞り
かつ、機能性も考慮してプリーツスクリーン ペアタイプにしました。

20120720_05.jpg

こちらも濃い色のバランス(カーテンBOX 調)を付ける事により
高級感も出て無垢材の床ともすごく合ってますね。
プリーツスクリーンと言うと、和室に取付けるイメージがありますが
提案次第では、洋室でもしっかりと合わせられます。

この様に、窓廻り商品といっても様々な種類があり
何を取付けたらよいか悩まれると思いますが
皆様、悩まれる前に是非インハウス・スタイリッシュにご相談下さい。
経験豊富なスタッフが
「これを取付けて良かった」という
お客様の満足を叶えるべくお待ちいたしております。

徳待