インフォメーション

空間を分けて住み心地をよくする

みなさまこんにちは。

暮れも押し迫り何かといそがしい毎日ですね

さて今回ご紹介するのは、
鹿児島市内在住H様邸で採用していただいた間仕切りです。

コンクリート打ちっぱなしの壁に
らせん階段と、使い込んだパイン材の床が
とっても素敵に調和しているお住まいです。

20121226_01.jpg

H様は、リビングの冷暖房効果をUPさせるために、間仕切りをお考えでご要望は2点

1,部屋の雰囲気を損ねないもの
2,間口が広い利点を活かせるもの

ということでご提案したのがこちらです。

20121226_02.jpg

▲タチカワブラインド社製 アズウッド ペアパネルタイプ→ タチカワブラインドHP

素材に木質感をあしらい
温かみのある落ち着いた空間をつくれる商品です。

さらに、開口部の広さを活かせるように
間仕切りのどの部分からも出入り出来るように
2枚の扉がペアでつながっているタイプにしました。

20121226_03.jpg

全体を木製にせず、1部を半透明のパネルにすることで
明るく清潔感があります。

実は以前、絵を描かれていたH様のリビングは
床や壁に激しく飛び散った絵の具の後がたくさん。

20121226_04.jpg

コンクリート打ちっぱなしの空間は
生活感がなくSTYLISHな空間をお好みの方には最適ですが
味気ない空間にもなりがちです。

H様ご本人は『きたないでしょ』とおっしゃていましたが、
私は、かえってそれが活きた空間を作っていて素敵だなと感じました。

何気なく壁に立てかけてあるカンバスやイーゼルも
インテリアになっていますね。

らせん階段の上にも素敵なプライベート空間があり
工事の後はおいしい挽きたてのコーヒーをいただきました。
ヨーロッパの家にいるような気持ちになりました。

H様ありがとうございました。

STAFF 齋藤