インフォメーション

Talk of Design 04「広松木工/SONOチェスト」

Talk of Design ACT.003

tod004_01.jpg

広松木工/SONOチェスト

トリックのような魔法のチェスト。

  帰宅後に外した腕時計、ダイレクトメールなど…。毎日のちょっとしたものをテーブルに置きっぱなしにしてしまう。そんな経験、誰しも一度はあるかと思います。片付けが苦手な人も楽しく収納できる、魔法のようなチェスト。それが、遊び心いっぱいの「SONO Chest」です。

  一見、同じ引き出しがいくつもあるように見えますが、実は、引き出しのサイズはすべて異なる実力派。引き出しの深さは前板とは関係なく、一つのツマミを引っ張ると3段分の引き出しが一度に出たり、次のツマミは2段だったりと、見る人を裏切るような個性的なデザインです。そして何より目を引くのは、一つずつ異なる6種類の天然木。メープル、チェリー、ウェンジ、ウォールナット、チーク、パドゥーク。天然木のそのままの色が美しく生かされています。家族の暮らしとともに色や風合いが少しずつ変わっていくことも、魅力の一つです。リビングの目立つところに置いて、その存在感を満喫し、大切な物を仕舞う。家族みんなで、開けたり、閉めたり。そんな毎日の積み重ねで、チェストは家族の大切な宝箱になっていくかもしれません。